引越し 期日

まずは引越し期日と引越し業者を決めましょう

引越しで大事なのは、引越しの期日を決める事です。

引越 準備


これが決まらない事には、全ての予定が立ちませんので引越し業者も決められません。
引越し業者から「いつの予定ですか?」と聞かれても答えられないと困ってしまいます。

 

例えば、1週間前に引越しの予定を入れたくても引越し業者の方にもスケジュールがあります。
無理なく引越しの予定を立てるなら、約1ヶ月前くらいから準備をしましょう。

 

 

引越しに心の準備は要りません

 

引越しは、心の準備よりも引越し業者を決める事が肝心です。
思わぬ引越しや、急に来る引越しに対して心の準備をしていると対応が遅くなってしまいます。
「何から始めれば良いのか?」きっとそう思っている方も多いと思います。
そんな方にちょっとしたアドバイスをしたいと思います。

 

 

引越し期日が決まったら

 

引越しの予定日が決まったら、すぐに引越し業者を探します。
私は予定だけ立てておいて、引越し業者に連絡する事を忘れていた事がありました。
そんな事がないように、なるべく早めに引越し業者と連絡を取る方がベストです。

 

引越し予定日と、引越し業者のスケジュールが合えば話は簡単ですから、その日の予約が入ります。
また1ヶ月前くらいなら、ほぼ予定は入ると思って下さい。
引越しは、少し余裕を持ってする方が負担がなく出来ますよ。

 

引越し初心者の方へ

 

初めての引越しで慌てたり不安になる事がありますね?
だけど大丈夫です!引越しはそれほど負担になる事はありません。
まずは引越し期日を決めて下さい。
その次に、引越し業者を決めるだけで半分は作業が終わったようなものです。

 

しっかり、ご自身の予算を立てながら安い引越しを目指しましょう。
費用には限りがあるので、その予算内の中で安心した引越しを目指しましょう。

 

引越しになっても、用意するものは極僅かです。
マジックとチェックシートを用意するだけの簡単なものなんです。
ご自身で段ボールやヒモやテープなど用意する事もありません。
どの荷物がどこに入ってるのか?それだけ分かれば問題はありません。
逆に、そのくらいの気持ちでやりましょう。

 

 

引越し業者を探しましょう

 

引越し業者を決めると云っても、なかなか探すのは難しいです。
TVのCM等で流れている引越し業者を選ぶにしても「ホントに大丈夫?」と思いがちです。
一般の消費者である私達の関心は、やはり「格安の引越がしたい」と云うのが本音でしょう。
数ある引越し業者も、普段は殆ど存在に気付いていませんので選ぶのは困難です。

 

引越し業者の探し方は、引越し業者に直接見積もりをお願いする方法と、巷で流行っている引越し比較ガイド≠ノ依頼する2つです。
前者は皆様が1社にだけ見積もりをお願いする事になりますが、後者は最大10社の無料見積もりが貰えます。
どのような方法を選択するか?ここで勝負の別れ道になってしまいます。
選択肢の多い方が、今後の引越しを想定して大事になりますよ。

 

 

引越し当日を決めましょう

 

引越し当日が決まらなければ、引越し業者も相手にしてくれません。
2つくらいの候補を決めて、引越し当日を決めましょう。
候補の数が多ければ、引越し業者と交渉する時に安い方を選択できます。

 

因みに、土日と祭日や大安等の御日柄の良い日程は人気があります。
このような日は安くなる対象にならない事が多いので、格安引越を望む場合は外して下さい。
土日と平日では、1万円〜2万円の範囲内で料金が上がると言われています。
シーズンオフでなければ、土日は毎週来る引越しシーズンと同様の料金を請求されるので、そこは避けたいですね。

 

 

新居の間取りを考えたお引越し

 

新居に入る荷物を計算しているでしょうか?
旧居よりも新居の方が狭い場合は、荷物が混乱するだけではなく狭くなってしまいます。
引越しが決まったら不用品などを処分してから、引越し業者に運搬してもらうのが便利なコツです。
また、旧居の修繕が必要な場合は早い時期から依頼して補修しておきましょう。

 

具体的な引越費用については、こちらで確認できます。

↓   ↓   ↓   ↓