引越し当日に注意する事

引越し当日に注意する事

引越し当日は、幾つか忘れてしまったり慌ててしまう為に普段通りの生活が出来ません。 当日の心構えとして、私に出来るアドバイスをしたいと思います。 経験から出たお話で申し訳ありませんが、活用して頂ければと思います。

お子さんの引越し当日について

私の経験では、引越し当日のお子さんは大変危険です。 大きくて重い荷物が行ったり来たりするので、お怪我をされる事が心配です。 もし、預け先があれば預けた方が心配はありません。 1日保育や、お知り合いやご親戚に預けるのもひとつだと思います。 ですが、預け先が無い場合は新居に向かわれてしまうのも良いのではないかと思います。 大事なお子さんが怪我をしてもいけませんし、引越し作業員が怪我をしても後々嫌な想いをするだけです。 充分に注意した上で、お子さんの御面倒を看られるなら大丈夫だと思います。

金庫やPCはなるべくならご自身で運びましょう

引越し業者によっては金庫を運ぶ事を嫌がる事もあります。 勿論、中身の確認が出来ないものを運ぶ事が難しいと云う理由です。 手で運べる金庫なら、ご自身で運ばれる事を推奨します。 また、PC等の精密機器はご自身で運ばれる事をおススメしたいです。 現在では、PCの取り扱いも安全になりましたがPCを運ぶ事で保険料が上がる可能性があります。 この場合は、引越し業者の担当者さんに一度聞いてみるのも良いでしょう。

殆どの引越し業者は前金です

引越し当日、作業に入る前に引越し料金の支払いがあります。 全ての引越し業者ではないですが、大手の引越し業者は前金で払う事を契約の段階でも言われます。 コンビニ等で事前に支払額を用意しておいた方が良いでしょう。 支払いが無い場合は、キャンセル扱いになってしまいます。

引越しが終わったら近隣へご挨拶を!

引っ越し作業で新居の近隣に騒音などでご迷惑を掛けているかも知れません。 そうでなくても、引越し作業車両が長い時間停まっているので、引越し完了時には近隣へご挨拶に伺いましょう。 この時は手ぶらで構いません。 前もって粗品を持ってご挨拶に伺っているので「御迷惑掛けました」と一言挨拶するだけでも良いと思います。 引越し経験者の皆さまはきっと知っている知識だと思いますが、引越し初心者の方はくれぐれも挨拶は欠かさないように願います。

すぐに使う手荷物は解り易くしましょう

引越し当日から使い出す手荷物は、引越し業者に運んでもらう場合は解り易い色のテープなどで確認出来るようにしておきましょう。 アート引越センターさん等は、色分けのテープを事前に提供してくれるので解り易くて楽でした。 また、ご自身の車で手荷物だけは運ぶのも良いでしょう。 引越しが近場の場合は、この方法の方が後から確認せずとも楽な引越しになります。 引越し完了後に、何が何処に入っているのか?全部の段ボール箱を開けるわけにはいきません。 なるべくなら、解り易くしておくと引っ越し後が快適になります。

具体的な引越費用については、こちらで確認できます。

↓   ↓   ↓   ↓