見積り 比較

無料見積りで安くなる?無料見積もりの比較と検討をしましょう

 

無料見積もりが手元に届いたら、比較と検討をしましょう。
この無料見積もりが届けば、次は引越し業者と直接交渉に入る段階です。
幾つかの引越し業者は、直接アポイントを取ってくると思います。

 

ですが、その前に届いた無料見積もりを検討しましょう。
初めにチェックしなければならないところをお教えします。
ご参考に何をチェックすれば良いのか?分かり易く説明しておきます。

 

  • 引っ越し料金は幾らで提示しているのか?
  • 引っ越し料金の比較
  • その引っ越し料金からどのくらい割引いたのか?
  • どのくらい踏み込んだ内容を提示しているか?

 

無料見積もりでも、はっきり料金提示をしていない引っ越し業者もいます。
その場合は2つの例が考えられるのです。

 

1つは、ご自身が正確な情報を引っ越し業者に与えられなかった事。
もう1つは、訪問見積もりをしなければ正確な見積もりは安易に出せないと云う引っ越し業者さんのスタンスです。

 

料金がはっきりしない場合は、縁が無かったと云う事で見送る事もできますが、集まった無料見積もりに不満があった場合は残しておいても良いですよ。
後で競合させる為に必要になる業者さんもありますから。

 

安さ重視なら料金の比較です!

無料見積もりでは「我が社は○○万円で承りたいと思います」とは書いてません。
例えば、単身引越しの時の経験ですが「25.000〜」と提示してきます。
このように書いてある無料見積もりを比較してみましょう。
引っ越し料金のスタートが25.000円からと云う意味で捉えて下さい。

 

大抵は引越し比較ガイドが10社に無料見積もりを依頼します。
その時に何社集まるのか?それはその時の運です。
ですが、集まっただけ引っ越し料金の比較が出来るので、最安値に近い無料見積もりを最低は3社以上確保したいところですね。

 

特典の有無はどうすれば良い?

「今なら契約してもらうと○○がサービスになります」と云うメッセージが込められている無料見積もりが届きます。
大体が引越しに関係のないサービスが中心ですが、完全無料であればお得なサービスになるので受け取りましょう。

 

有償のサービスの場合は、一度拒否して結構です。
理由は、現在住んでいる場所から引越しをしようとしているのに後から手続きが面倒になってしまうんです。
有償のサービスの場合は、引越した後に落ち着いた頃に検討するのが好ましいですね。

 

無料見積もりで各社を比較しましょう!

 

引越し見積もりは、沢山集めた方が格安の引越に繋がります。
1社よりも2社、2社よりも3社と多くなれば多くなる程、値下げ幅が見込めます。
見積もりを数社集めて、安かった3社程度を残して比較しましょう。

 

 

登録手続きは僅か10分以下

 

引越し比較ガイドへの登録は、僅か10分以下で済みます。
引越し先の地域とお住まいの情報、そして荷物の状況などを記入するだけの簡単登録です。
それが済んだら、既に皆様の元には無料見積もりが届いているはずです。
私の場合は、メールボックスを確認する前に引越し業者からの電話で知りました。
登録してから1分以内の事だったので、スピードの違いが判ります。

 

最初の1社と電話で話し終えた後、メールボックスを確認すると5社分くらいは無料見積もりが届いていました。
このように、忙しい方や在宅の時間が短い方にはとても有り難いシステムです。

 

 

安い引越し業者を比較する

 

無料見積もりが届いた後は、安い引越し業者だけ残しましょう。
無料見積もりが完全に届くのは、遅くても登録してから2日後くらいです。
全ての引越し業者が揃ったら、上位3社くらいでOKなので実際の交渉に入ります。

 

ただし、電話での確認が幾つかあるのでそこは注意しなければなりません。
無料見積もりの注意点は、全てが詳細に確認できたわけではないのです。
荷物量や実際の家屋などの状況を考えてから、引越見積もりは完成します。
この場合は、訪問見積りと云う現地調査を行うと更に詳細が掴めます。

 

 

無料見積もり比較するポイント

 

どこまで含めた引越見積もりになっているのか?一度ご確認下さい。
メールで送られてくる情報は、皆様の情報を反映した内容になっています。
事前にエアコン工事料を含んだ内容であるか?引越し業者に確認してみましょう。

 

訪問見積りの前には、引越し業者と連絡を取る機会が訪れます。
その時に幾つかの疑問や質問は予め用意していると便利です。

 

 

無料見積もりの検討が終わったら?

 

無料見積もりがある程度出揃うのに、数日間も掛かりません。
引越し比較ガイドに依頼した当日には、殆ど集まってしまいます。
また、幾つかの引越し業者から連絡がある場合もあります。
比較と検討が出来た上で、訪問見積もりへと移行しましょう。

 

訪問見積もりに入れば、引越し業者と交渉段階に入ります。
実際は、そこが引越しの安さを決める段階ですので早い方が良いと思います。

 

訪問見積もりの依頼

実際には引越し業者の方から訪問見積もりをお願いされる事です。
「ご訪問はいつが宜しいでしょうか?」と連絡が来るので、引越しが決まった時点で予定を考えておくのもベストです。
無料見積もりを検討した後、訪問見積もりの予定を立てましょう。

 

訪問見積もりに、何日も掛かってしまうのは大変ですよね?
お休みを使いながら、午前と午後に分けて訪問してもらうようにすると便利です。
くれぐれも同じ時間に引越し業者をバッティングさせないように注意しましょう。

 

 

訪問見積もりの意義

訪問見積もりの意義は、正確な荷物量の調査と作業車両にどんなトラックを使ったら良いのか?判断する機会です。
現場に4tトラックが入れない程の狭い道であったり、4tトラックを頼むほどの荷物を持ってない例もあります。
その場合は料金に反映されるので、訪問見積もりは重要になってくるのです。

 

初めての引越しの方は、この訪問見積もりが引越しを安くするチャンスなので、なるべくだったら正確な見積もりを出してもらいましょう。
もし、あなたが女性だったら誰か一緒に立ち合って貰っても良いです。

 

大抵の営業担当者は男性の担当者です、不安等がある場合は人に立ち合ってもらったり明るい時間に訪問見積もりをしましょう。

 

具体的な引越費用については、こちらで確認できます。

↓   ↓   ↓   ↓