相見見積もり 安い

値引き交渉の最終段階〜相見見積もりで更に安い見積もりを

 

最後の3段階目の値引き交渉ですね。
引越し業者各社による、訪問見積もりが終わったら今度は相見見積もりです。

 

相見と云っても、簡単な言葉にすると見積もりの比較の事を指します。
この比較によって、最終的に引越し業者を1社だけに絞って行かなくてはなりません。

 

どの引越し業者の見積もりを選択するのか?
少しポイントを説明しながらお教えしたいと思います。

 

安さ重視で考える見積もり交渉

 

安さだけで考えるなら、既に見積もりは出揃っているので引越し業者は決定してしまいます。
ですが、一番安い引越し業者にもう少し引越し費用を下げて欲しいですよね?
その場合は、他の引越し業者を比較する対象にして交渉を行って下さい。

 

あなたの方から「お宅の会社に決めたいのですが、もう少し下げてもらえれば契約したい」と言葉に出しても構いません。
また、他の引越し業者の見積もりを大体の額で良いのでチラ付かせるのも交渉の上手なやり方です。

 

30.000円が20.000円になったり、50.000円が40.000円になる事もあります。
大事なお金ですから、何かの時の資金として残しましょう。

 

作業内容を含む見積もり交渉

 

こちらは、作業内容に踏み込んだ見積もり交渉ですね。
引っ越し料金も大事ですが、実際の作業内容には有料のものが多く含まれています。
如何に安くしながら、受けられる範囲でサービス内容に拘って行くのか説明させて頂きます。

 

引越しで大事になってくるのがエアコン等の特殊な工事です。
これを見積もりに含めた時に、6.000〜12.000円の範囲で見積もり料金に上乗せされてしまいます。
そのエアコン工事を含めた見積もりを最初にしてもらえるのか?
ここも大きなポイントになって来るので、大事な範囲です。

 

見積もりが決まってから、エアコン工事等を料金に加算されないように引越し業者の担当者と交渉して下さい。
私はいつも、このエアコン工事を含めた見積もりを提示してもらってます。
後からエアコン工事を依頼すると、10.000円くらい高くなる引越しになります。

 

経験から考える相見見積もり

 

私の引越し経験で、この相見見積もりはとても重要なポイントです。
訪問見積もりで出してもらった見積もりで、一番安かった引越し業者さんに更に安くさせるテーマも入ってます。
ただし、長期間の交渉は引越しする私達にとってもデメリットになります。

 

交渉を長引かせて、結局は安くならずに引越し業者を決めてしまっては損してしまうんです。
期間的には1週間くらいで考えると良いでしょう。
それ以上は、引越しの梱包等で疲れが出てしまいます。
簡単にまとめるので、ご参考にしてみては如何でしょうか?

 

  • 最低3社分の訪問見積もりを取得しておく
  • 一番最安値の引越し業者をメインとして交渉する
  • 他社と比較しながら、他社が安くなった場合は乗り換える
  • 作業内容にも踏み込んだ見積もりにする事
  • 契約は誰かと相談すると言い、一度保留してみる

 

以上の事が出来れば、相見見積もりでは失敗がありません。
こちらが引越しを依頼する立場なので、頑張って安さに拘って行きましょう。

具体的な引越費用については、こちらで確認できます。

↓   ↓   ↓   ↓