引越し 訪問見積もり

訪問見積もりで正確な見積もりを出しましょう

 

いよいよ第2段階の、訪問見積もりによる引っ越し料金を少しでも抑える方向でお話します。
無料見積もりの比較が終わったら訪問見積もりに入ります。

 

訪問見積もりでは、より正確な荷物の状況や作業状況に付随する内容に踏み込みますので、安い引越しを考えているなら受けた方がお得です。

 

昨今は、電話だけで見積もりをする引越し業者も増えていますが、やはり訪問見積もりの方が安くなる確率は高いです。
費用に拘った引越しをご希望されるなら、訪問見積もりをおススメします。

 

また、どんなに安い見積もりが提示されても「高いですね?」と返答しておきましょう。
今後の値下げ交渉を行う上でも重要なポイントです。

 

訪問見積もりのポイント

 

訪問見積もりでは、荷物量や引越しの難易度、または家族数や作業する際の道路状況などを考えながら見積もりします。
引越し業者の担当者さんと一緒に行うので、新居に運ぶ荷物をチェックしておくと便利ですよ。
要るものと要らないものを分けて考えておけば、それだけ引越し費用は安く済みます。

 

一番簡単な見方としては、現在お住まいのお宅にある引越し荷物をどのくらいの引越し作業車で運ぶのか?って事が一番の焦点でしょう。
このような事を引越し業者の担当者が計算して、見積もりを出すのです。

 

全ての部屋に引越し担当者を案内をしましょう

 

ちょっと敬遠されるかも知れませんが、なるべくなら全てのお部屋に引越し業者の担当者を案内して下さい。
これは、引越し当日に作業員との間にトラブルが発生しない為です。

 

担当者に告げてなかった荷物がある場合は、追加料金となってしまうので賢い引越しをするためには、やむを得ない事だと思います。
また、納戸やクローゼットや物置も対象になりますので、全て見せて細かい見積もりを出してもらった方がお得な引っ越しに繋がります。

 

荷物搬送時の確認

 

荷物を運ぶ状況ですね、玄関の入り口は大きいのか?これはマンションやアパートにもドアの規格があるので、それほど大きな問題にはなりません。
しかし、窓から荷物を搬入した事がある場合は難易度の高い引越しになります。

 

また、エレベーターを使用するのか?階段で一つ一つ荷物を運ぶのか?でも、見積もり料金は変わってきますね。

 

訪問見積もりで決まる事

 

訪問見積もりで決まるのは、大きく分けて2つです。
無料見積もりでは分からなかった細かい見積もりが出ます。
これが正規の引越し費用となるので、そこは重要なポイントでしょう。
そして、引越し当日の作業員の数と作業車両が決まります。
お宅のお荷物の状況を考えた作業員の数と、道路状況に合わせた引越し作業の車両が決まります。

 

最終的に引越し業者の方から「ウチはこの金額でやらせてもらいたいと思ってます」と、見積もり金額を提示されます。
そこで終わりではないので、私にとっては最初の見積もりはスタートだと思ってます。

 

また、最初の引越し料金を提示されるだけなのでリアクションとしては「高いですね?」と言っておきます。
他の引越し業者も競合している事を知っているのは担当者なので、そこら辺は正直に告げても構わないです。

 

引越し経験からのアドバイス

 

訪問見積もりを引越し各社に依頼して、出される金額があなたのお宅の正規の引越し費用となります。
しかし、その見積もりであっても各社は微妙に値段が違います。

 

私の例で申し訳ありませんが、無料見積もりでは安いと思われた金額でも、実際に訪問見積もりでは高くなる事があります。
お宅の状況や道路状況を考慮した見積もり金額となるので、必ず安くなるわけではないのです。

 

しかし、一度出した無料見積もりよりも「高くする事はできない」と引越し業者にとってもプライドがあると聞いた事があります。
無料見積もりまでして訪問見積もりを経たのですから、安くならないと意味がありません。

 

引越し業者の担当者は「少し荷物が多いみたいですね」と云う言葉を使います。
これはこれ以上下げないよ≠ニ云う意味だと思って下さい。
全国にこれだけ引越しのケースがあるのに、一般的に見て普通の荷物量が多いわけがないのです。

 

また、見積もりが出たからと言って即決する必要はありません。
ここからが比較対象になるので、熟慮して格安の引越し業者を決めましょう。

具体的な引越費用については、こちらで確認できます。

↓   ↓   ↓   ↓