引越し 料金

荷物の量と作業車両の大きさでも引越し料金は変わります

 

荷物の量は引っ越し料金に影響を与える可能性は大です。
特に単身者や女性用の引越しでは、荷物の量で引っ越し料金自体が変わってしまします。
また、ファミリー引越しでも荷物の量が多いと予想を遥かに超えた引っ越し料金を提示される事が多いです。

 

単身者の引越し荷物

 

単身者用の引越し荷物は、引越し各社のパックで運ばれる事が多いんです。
その場合、規格の大きさや重さを越えてしまったら追加料金が発生します。
ですから、必要最低限の荷物は実家や他に預けるなどして工夫した方が良いですね。

 

2人用の引越しの荷物

 

最近はご夫婦だけの引越しや、建物をダウンサイジングした為に引越しを希望される方が多いです。
ですが、荷物は4人家族と同様に意外と多い事でも有名な引越しケースです。

 

特にダウンサイジングした住宅に引越される方は、荷物を軽減してから引越しを希望されるのがお得です。
この場合、不用品等を業者や自治体に回収してもらい、この機会にご自宅の荷物を一度整理すると良いでしょう。

 

4人家族の引越し荷物

 

荷物量としては一番多いケースだと思います。
この場合、一番多くなるのが段ボールとベッド類(寝具を含む)と衣類でしょう。
それだけでなく、ご家庭で重複してる電化製品や家具等を整理するチャンスだと思います。
片付けと同時に行う引越しは、新生活でもそれなりに役立ちます。

 

要らなくなった不用品は、バザーやフリーマーケットにて出展すると良いかも知れません。
ネットでのオークションや、リサイクル業者への回収等も視野に入れると効果的です。

 

引越し作業車別の料金

 

初めての方は、どんな作業車両で引越しをすれば良いのか?分かりませんよね。
引越し用のトラックや作業車両には、幾つもの種類があります。
例えば、平均的には4tトラックでする事が多いですが、単身者や2人家族ではそこまで大きな車両は要りません。

 

一番分かり易い見方としては、作業車両は30分で計算される事が標準とされてます。
ですから、大きな作業車両になればなるほど高額の引越し料金が設定されている事なるのです。

 

ただ、この作業車両代は法外な料金を請求される事はありません。
国土交通省等の取り決めが設定されているので、非常に安い料金となってます。
寧ろ、人件費と荷物の量の方が引越し料金の負担になっているかも知れないのです。

 

具体的な引越費用については、こちらで確認できます。

↓   ↓   ↓   ↓