遠距離引越しを安くする方法

遠距離引越しを安くする方法

私事で恐縮ですが、引越しのほぼ半分が遠距離引越しでした。 荷物の移動距離の料金はどうにもなりませんが、それでも少しはお役に立つ情報はお伝えできるのではないか?と思います。 遠距離引越しの荷物の扱い方などにヒントがあるので、お試し下さい。

混載便を使いましょう!

一般的な引越しで注目が集まりつつあるのが混載便≠ナす。 これはチャーターしたトラックや作業車両ではなく、荷物自体を物流として送ってしまう方法です。 要は専門的な車両に頼るのではなく、引越し以外の荷物と混ぜて載せる″ャ載便の事なのです。 この方法の良いところは、雑に扱われても構わない荷物が適しています。 勿論、疵などにならないように慎重に運んでくれると思いますが、それでも混載している便なのでチャーター便とは違います。 また、引越し自体の時間に余裕のある方にも向いています。 混載便なので、チャーターした作業車両よりは少し遅れる場合があります。 ですが、引越し作業自体が遅れるわけではないのでご安心下さい。

帰り便を使いましょう!

稀な話ですが、引越しには帰り便≠ニ云うものがあります。 私達が引越しをしたい地方から来た作業車両に荷物を積んでもらう事を指します。 引っ越し業界と云っても車を動かして幾らの世界ですから、空の荷物で走る事は禁じられていると言っても過言ではありません。 たまにこういう作業車両が来る事があるので、それを利用する方法です。 帰り便は、大手引越し業者や物流関係に強い引越し業者が持つノウハウです。 見積もりをした時の担当者に訪ねてみるのも効果的です。

コンテナを使ったお引越し

コンテナ便もある事をご存知でしたか? コンテナですから、ゆっくりとした配送状況になります。 しかし、格安にする場合はコンテナ便の選択も視野に入れて下さい。 混載便よりは多少遅れますが、格安の引越しができます。 こちらも、引越しの日程に余裕のある方が選ばれると便利で快適な引越しが実現します。 離島などへの引越しの際に選ばれる事が多いと伺っています。

具体的な引越費用については、こちらで確認できます。

↓   ↓   ↓   ↓