引越し単身パックのメリット

引越し単身パックのメリット

通常の引越しだと、一人暮らしで荷物が少なくても、トラック最低でも1台と作業員2名が必要になります。
料金の相場は、同じ都区内で3万円〜4万円でしょうか?

 

引越しの単身パックは、ご存知ですか?

一人暮らしで荷物が少ない場合、トラック1台ではスペースが余ってしまうので何人分かの荷物をまとめて運ぶようにしたものです。
もちろん、それぞれの荷物が混ざってしまうような事がないように、一人分ずつコンテナなどに入れて運びます。
料金は、まとめて運ぶ分安く引越しが出来るという訳です。
8千円〜1万円台と言う格安料金になる場合もあります。

 

引越しには、敷金や礼金、家具等の購入など何かと費用がかかるので、引越し代金が安くできるのは、とても助かりますよね。
いざ引越しとなっても、引越し業者の数は多く、何処の引越業者に頼もうかと悩むと思います。

 

引越し業者によって様々なオプションがあります

引越し業者には、それぞれの引越し業者によって様々なオプションもあります。
・エアコンの取外しや取付け料金
・テレビの接続や洗濯機、照明器具の取付
・引越し用の段ボールやガムテープのサービス
・不用品の処分や引取り代金
・家具の配置や移動
・ピアノの運搬
・早くに申しむとお得になる早割料金

 

これらのオプションになるサービスが、有料なのか無料なのかによっても大幅に引越しの見積り料金が変わってきます。
また、オプション以外にも次のような条件で見積りが変わってきます。

 

・平日か土日祝日か、大安か仏滅なのか(人気の土日祝日大安などは高くなります)
・引越しの多い繁忙期なのか(2〜4月などの繁忙期は一般的に高くなります)
・引越しの距離(距離は近い程安くなります)
・エレベーターの有無(階段で荷物を運ぶのは大変なので、エレベーターがあった方が
 安くなります)
・引越しの階数1階か上層階か(1階から1階の引越しの方が安くなります)
・トラックの駐車スペースが近くにあるのか(近くにトラックを止められない場合
 その間荷物を運ばないとならないので高くなります)
・荷物の量(荷物の量が多いと高くなるので、引越し前に不要な物は処分しましょう)
・引越しの時間が、午前中か午後なのか(一般的に午前の方が高いです)

 

様々な条件で引越しの料金は変わってきます。
たくさんある引越し業者に一軒一軒電話して見積りをするのは、
大変だと思いますが、業者によって料金はかなり違ってきますので
出来るだけたくさんの業者に見積もりをお願いする事をおすすめします。

 

具体的な引越費用については、こちらで確認できます。

↓   ↓   ↓   ↓